トップ

登米市で働く人の平均年収は

登米市で働く人は

宮城県登米市における平均年収

宮城県北部に位置し、岩手県境に接する登米市は古くから米の名産地として知られていますが、市としては2005年の平成の大合併により誕生をしています。産業人口としては、約20%が第一次産業、約35%が第二次産業、約45%が第三次産業となっており、特に稲作に関しては有名米の産地となっているために出荷額も多く、東北地方では第二位となっています。平均年収に関しては、2010年から2014年のデータとして、一番低い年度では2011年の238.3万円となっており、高い年度としては2014年の248万1161円となっています。これは、全国市区町村で比べた場合にランキングでは1286番目となり、全国数1700弱の数からみた場合には、概ね、下の方に位置することになります。宮城県では2013年のデータとして全世帯数26460世帯のうち、42%にあたる10240世帯が300万円未満の年収となっており、登米市はここでの範囲に収まることになります。因みに、公務員に関していえば、平均年齢44.8歳の場合、平均年収としては576万6408円となっており、大きな開きを見ることができます。ここでのランキングは全国市町村では894位、宮城県内では11位となっています。

登米市の年収情報

新着情報

↑PAGE TOP